生活習慣と薄毛

植毛

どうして薄毛になるのでしょうか。薄毛になるのは生活習慣が原因となる場合も指摘されています。ストレスを原因とした脱毛症などが存在するからです。またそれ以外にもさまざまな面で研究がされています。


薄毛が引き起こされるメカニズムについて、愛知県名古屋市の植毛クリニックの医師等に聞いた知識をご紹介していきます。

薄毛の原因は男性ホルモンの働き

男性型脱毛症(AGA)の原因は男性ホルモンの活動。抜け毛を加速する酵素の存在も大きく関わっています。これは遺伝や体質が大きく関わっている問題でもあります。一方で同じような特性を持ちながら薄毛が進んでいない人も存在するのです。
これは生活習慣が体質を作る面や規則正しい生活がホルモンバランスを整え、薄毛を防ぐ状況を作り出すこともあり得るからなのです。
薄毛の原因がストレスである場合があり、ストレスから遠ざかることで改善することもあります。体質だけでは薄毛の説明ができないことも多いためです。
健康を維持する面でも有効なことが多いため、生活習慣の見直しは非常に重要です。

髪の原料の確保も重要

生活習慣の中には食生活も含まれています。髪の材料となる成分の補充も重要になってきます。亜鉛などのミネラルが不足すると髪の毛や爪が正常に生まれず、薄毛の原因となってしまうことがあります。
偏った食生活は薄毛を進行させる可能性があるだけでなく、血圧を上げることや中性脂肪を増やすなどさまざまな面で影響を及ぼす可能性があります。若い頃の感覚で食事をしていると、脂肪分や炭水化物が多くなり、肥満の元となってしまうことがあるのです。

中性脂肪値が上がる原因となるだけでなく、頭に十分な栄養が届かない原因となることもあります。 血糖値の上昇や動脈硬化の引き金となることもあるため、見直すことが大切です。

ストレスを避け睡眠時間確保を

薄毛の進行を止めたいのであればストレスは可能な限り避けましょう。これはホルモンバランスが乱れる原因になるからです。睡眠が浅くなるなど、健康全般にも与える影響が大きいのです。十分な睡眠時間が確保できなければ髪を育てるための細胞が活発に活動せず、薄毛が進行することもあります。強く太い毛を育てるためにもしっかり眠ることです。

体質だけでなく、生活習慣も関わっています。
生活習慣が体質に影響を及ぼしているため、生活の偏りがより薄毛を進行させる原因になることがあるからなのです。
ストレスを避けつつしっかり眠る。食生活の見直しは特に重要です。薄毛の原因を疑うなら、生活習慣の改善を行ってから体質に目を向けた方が合理的です。

 

AGAの原因

AGAのメカニズムを説明すると、毛乳頭の中にある酵素「5αリダクターゼⅡ型」と毛細血管の血中にある男性ホルモンの一種である「テストステロン」が結合することにより、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されます。

発毛抑制成分のTGF-β1が、毛乳頭に作用することによりヘアサイクルを乱します。

ヘアサイクルは、正常であれば「休止期」→「成長期」→「退行期」を2~6年の周期でくり返します。ところが、TGF-β1が作用すると成長期が正常時より短くなり、毛髪が十分に成長する前に抜けてしまいます。

そのため、毛髪密度が徐々に低下し、薄毛の症状が現れます。

AGAの症状

AGAの症状は主に「頭頂部から薄くなる症状」「額の生え際が後退していく症状」「こめかみ付近からM字に薄くなる症状」の3パターンに分類されます。
AGAの特徴は前頭部・側頭部・頭頂部を中心に毛髪が細くなり薄毛の症状が進行していきます。AGA症状は進行性のため治療をはじめなければ止めることはできません。

まとめ

自毛植毛を検討している方は愛知県名古屋市の親和クリニック名古屋院などの植毛専門クリニックにご相談下さい。

 

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

投稿者プロフィール

名古屋 三郎
名古屋 三郎
メディアに勤める40歳代。
大の名古屋グランパスエイトファン。
伝説のプレーを見て以来、ピクシーは神様。
その他、プレミア、リーガ、セリエ、ブンデスリーグも大好き。
タイトルとURLをコピーしました