成長ホルモンの分泌促進にはアルギニンが不可欠

植毛

AGA(男性型脱毛症)による薄毛化に悩まれている方はもちろん、年齢を重ねることで髪がボリュームダウンしているかもしれないと心配されている方は、性別を問わず数多くいます。 齢を重ねることで身体の成長力が弱まっていきます。それは頭髪においても同様です。
しかし、仕方が無いことと諦めることはありません。これに抗う方法は残されています。そのカギとなる物質が成長ホルモンです。

頭髪の成長に関与するIGF-1

頭髪を健康的に生えさせるには、成長ホルモンの正常な分泌が大事だとされています。
成長ホルモンにはアンチエイジング効果があるといわれ、毛髪の再生にも影響を及ぼします。

成長ホルモンは脳下垂体前葉のGH分泌細胞から分泌されるホルモンで、主要な成長ホルモンは191個のアミノ酸から成り立っています。
標的器官に直接的に働く場合と間接的に働く場合があり、間接的に働く場合は成長ホルモンが肝臓などに働きかけ、IGF-1(インスリン様成長因子-1)を分泌させ、それらが標的器官に働きかけます。

成長因子の一種

IGF-1は成長ホルモンによって肝臓などから分泌される成長因子の一種です。
IGF-1の主な働きは細胞の増殖や分裂を促進させたり、タンパク質の合成を促したりするというもの。 毛根のなかには血中の酸素や栄養素を受け取る役割を担っている毛乳頭という部位があり、毛乳頭が受け取った酸素や栄養素は毛髪の元となる毛母細胞に毛細血管を通じて送り届けられます。

毛母細胞はこれら栄養素を消費して細胞分裂を繰り返し毛髪へ成長します。その毛母細胞が分裂する際に必要となるのが、IGF-1ということです。

分泌量は加齢とともに低下

IGF-1は体内で分泌されますが、その量は加齢とともに減少していきます。
新生児期より若青年までに発現が80%減少してしまい、その後は加齢とともにさらに減少していくと言います。 これは成長ホルモンの量が加齢とともに減少するためであるからだとされています。
IGF-1は細胞の分裂や細胞の成長を促進し、身体の正常な成長や健康の維持に重要な役割を果たします。 そんなIGF-1を分泌させるのに必要な成長ホルモンの分泌を促進するために不可欠なものが、アミノ酸の一種であるアルギニンです。

日常生活でアルギニン補給

アルギニンは成人の体内で生成されますが、若年層においても体内での生成能力が十分でなく、不足しがちな栄養素です。
また、加齢や生活習慣の乱れにより生成量が減少してしまうとも言われています。
さらに子供はアルギニンを必要量作り出すことができないため、食事から摂取する必要があります。

アルギニンは、鶏肉や牛乳、エビ、大豆、ナッツ類等に多く含まれいます。 日常の食事で気軽に摂取できる食品類ですが、食生活や嗜好的に無理であるならば、サプリメントで補うのも良いと思われます。

毛母細胞の老化を予防

アルギニンには頭髪の成長を司る毛母細胞(毛包)の老化を抑制する働きがあります。
また血管を拡張する作用があるとされ、この血行を促進する働きにも育毛を促進するのに効果的です。

アルギニンが不足すると成長ホルモンの分泌が減少し、頭髪に悪影響が出るとともに免疫力の低下や老化の進行などが発生してしまうこともあると言います。

睡眠時に分泌される成長ホルモン

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があり、体は眠っているのに脳が活発に動いている浅い眠りがレム睡眠。
ノンレム睡眠は深い眠りで、体も脳も休んでいる状態です。 深いノンレム睡眠を徐波睡眠と呼び、このときに人体は成長ホルモンを分泌します。 成長ホルモンの分泌は徐波睡眠後30分で最大となると言います。時間帯としては午後10時から午前2時のあいだに最大となります。
また毛母細胞の分裂が最も盛んな時間というのは午後9時くらいですので、その時間には睡眠体制に入っていたほうが良いのですが、色々な事情でなかなか難しい状況です。
まとめると育毛をはじめ、アンチエイジングを目指すのであれば、アルギニンの積極的な接種と早寝と良質な睡眠が必要ということです。

AGA由良の薄毛の場合は…

ただし、積極的に育毛を心掛けていたとしても、脱毛の原因がAGA(男性型脱毛症)であれば、その手段は焼け石に水となってしまう可能性を秘めています。
AGAによる薄毛化は、対症療法的な育毛の努力などあざ笑うかのように進行していきます。 遺伝的にAGA発症の因子を持っている方ですと、成人以降はいつ薄毛化が始まってもおかしくありません。 脱毛が増え、薄毛化の原因がAGAによるものではないかと思い当ったら、一刻も早く専門医へ相談してください。
私は20歳代前半から頭頂部の薄毛化が始まり、それから止まらない薄毛化に悩み続けるという暗い20歳代を過ごしました。 薄毛の原因がAGAであることを知ったのが40歳代に入ってからで、すぐさま複数のクリニックで無料カウンセリングを受診し、そのなかから信頼できると確信できたのが親和クリニック名古屋院でした。
名古屋駅の近くという好立地も通院を考え、選定理由のひとつです。


親和クリニック名古屋院で自毛植毛を受け頭髪と自信を取り戻しました。 AGAは早めの対処がハゲ化を食い止める重大な要素です。若いうちならなおさら、薄毛の悩みは深刻なものです。 社会人なりたてぐらいの若さで抜け毛が目立ち始め、20歳代半ばで見た目にも薄毛が進行。そうなると薄毛を周囲からからかわれることも増えてきます。
止まらない薄毛化により人目を気にしたりする日々から決別するためにも、一日も早い対処を願ってやみません。

 親和クリニックの公式サイトはこちら

投稿者プロフィール

名古屋 三郎
名古屋 三郎
メディアに勤める40歳代。
大の名古屋グランパスエイトファン。
伝説のプレーを見て以来、ピクシーは神様。
その他、プレミア、リーガ、セリエ、ブンデスリーグも大好き。
タイトルとURLをコピーしました