産毛が生えればOKか

植毛

皆さんにお聞きしたいことがあります。髪を生やしたいと思ったとき、産毛が生えればそれでOKでしょうか。違いますよね。おでこの生え際が後退するなど、薄毛にはいくつかのタイプがあります。薄毛になる原因もさまざま。複雑に絡み合っている場合も少なくありません。


育毛剤などを使って髪が生えても新たな理由が生じ、再び髪が抜けることもあるのです。
今回は薄毛が改善し始めた時におこなうと良いケアのポイントなどについて、愛知県名古屋市の植毛クリニックの医師等に聞いた知識をご紹介していきます。

発毛までの期間

薄毛を引き起こす原因としては、加齢によるホルモンバランスの乱れ、生活リズムの乱れ、睡眠不足、ストレス栄養不足、間違ったシャンプーの仕方や間違った頭皮ケア、遺伝と、以上のようなものが挙げられます。

 

一般的に薄毛の改善には3~6ヶ月もの時間がかかるといわれています。薄毛の改善には、長期戦に挑む覚悟が必要です。

そのため、いくら高い育毛剤を使ってもすぐに髪の毛が取り戻せるわけではありません。これらの原因のうちのいくつかが複雑に絡み合ってるからです。

間違ったケアをしてしまうと、この期間をもっと引き延ばしてしまうかもしれません。薄毛改善にかける期間を短縮できるかどうかは、頭に産毛が生え始めて、回復の兆しが見え始めた時期のケア次第です。

産毛の生え始めが重要です!

薄毛の治療は育毛外来などでもできます。けれども費用などの理由から自宅で育毛ケアをする方も多くいます。
育毛外来での治療も自宅のケアも、育毛のプロセスは同じです。以下の順序で行われます。

ハリ・コシとも強い髪の毛が成長する、生え際などに産毛が生えてくる、 頭髪全体がボリュームアップする。

産毛が生えた段階で育毛ケアが完了したと思いケアを止めてしまいます。これが、薄毛をさらに進行させる失敗の素なのです。

産毛が生えてきたことに油断して育毛ケアを止めてしまえばせっかく生えた産毛が太く健康的な髪の毛に育たず、早々に抜けてしまうかもしれません。

生え際などに現れた産毛は確かに休止中の毛根が活動を始めた証拠。しかし、その毛根が正常な機能を取り戻すためには、さらに多くの栄養や、頭皮に悪影響を与える生活習慣の排除が必要になります。
油断せず、できる限り育毛ケアを継続していきましょう。

育毛ケアのポイントについて

生えてきた産毛を強く太くするため、そしてまだまだ眠っている毛根を活発にさせるために、産毛が生え始めた時期の具体的な育毛ケアについては、より多くの栄養を摂ることが中心になります。

以下の栄養素を積極的にとりましょう。

タンパク質、亜鉛、オメガ3脂肪酸、ビタミン群、鉄分などです。

これらは育毛剤やサプリメントなどからも手軽に摂取することができます。できるだけ食事からまんべんなくとるようにしましょう。ストレスや睡眠不足、間違ったシャンプーやヘアケアで、頭皮にダメージを与えていないかなどにも気をつけましょう。髪の毛のボリュームが満足な状態に戻るまで、最低でも6ヶ月間は必要です。
薄毛の改善には時間がかかりますが、薄毛は適切にケアをすれば必ず改善できます。

自毛植毛について

自毛植毛は自分の毛髪を利用する植毛法です。

毛髪の毛根の下部には毛乳頭という、毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織があり、移植された毛乳頭が毛細血管や神経と結合することにより、ゆっくり成長し毛髪が生え揃っていきます。


そのため自毛植毛で一度植毛した毛が生着すれば再び自分の毛髪となるため、抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けることになるのです。

 

まとめ

自毛植毛や育毛ケアの疑問は愛知県名古屋市の親和クリニック名古屋院などの植毛専門クリニックにご相談下さい。

 

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

投稿者プロフィール

名古屋 三郎
名古屋 三郎
メディアに勤める40歳代。
大の名古屋グランパスエイトファン。
伝説のプレーを見て以来、ピクシーは神様。
その他、プレミア、リーガ、セリエ、ブンデスリーグも大好き。
タイトルとURLをコピーしました