薄毛の原因? 髪と日光の関係について

植毛
薄毛を気にして保湿やマッサージなどさまざまなケアを行っている人は多いと思います。けれども、頭皮の紫外線対策を行っている人は少ないのではないでしょうか。 紫外線は薄毛の原因になると言われています。薄毛の予防には、頭皮の紫外線対策も大切です。 私が愛知県名古屋市の自毛植毛クリニックの医師から伺った話です。

紫外線が薄毛の原因

日光と言えば紫外線が思い浮かびます。紫外線を浴びることで日焼けをすることも広く知られていることです。 頭皮も皮膚なので、もちろん日焼けをします。 頭皮が日焼けすると、頭皮の表面のほか毛乳頭細胞や毛母細胞などさまざまな細胞まで傷つけてしまいます。日焼けをした頭皮は炎症を起こしやすい状態になり、敏感になることも少なくありません。バリア機能は低下。健康な毛根を育てられなくなってしまいます。 この状態が続くと毛髪の生育が悪くなり、薄毛につながると考えられています。頭皮だけではなく、髪の毛も紫外線により健康な状態を保てなくなります。 キューティクルが破壊され、髪の毛に潤いがなくなってパサパサとした質感になってしまうのです。

紫外線対策は?

それではどうやって頭皮の紫外線対策をすれば良いのでしょうか。まず紫外線が強い時間帯の外出をできるだけ控えるのは良い対策になります。しかし、職業柄そういうわけにはいかないという人の方が多いかと思います。 日中、外に出るときは必ず通気性のいい帽子をかぶるようにしましょう。黒いタオルなどを頭に巻くのも良いです。 どうしても帽子などを被れないというときは、髪用のスプレータイプの日焼け止めなどを利用しましょう。

対策せずに外出したとき

うっかり対策せずに外出し、頭皮に紫外線を浴びてしまうこともあります。そんな時は保湿をしっかり行いアフターケアしましょう。 シャンプーは丁寧に行い、すすぎ残しがないようにしっかり流します。そしてトリートメントでキューティクルを補正します。 なるべく早く髪の毛を乾かしたら、頭皮用ローションなどで保湿しましょう。髪と頭皮を紫外線から守るケアを取り入れることで、薄毛予防に役立ちます。 今まで気にしていなかったという方は、ぜひ意識してみてください。  

自毛植毛

薄毛が目立ったときに効果的なのが自毛植毛。自分の毛髪を利用する植毛法です。 自毛植毛に使用する毛髪には、生命力が強く男性ホルモンの影響を受けづらい側頭部や後頭部の毛髪が使われることが多く、そこから専用の機器を用いて脱毛している部位へ移植をしていきます。 毛髪の毛根の下部には毛乳頭という、毛の成長に必要な栄養素を取り入れる組織があります。移植された毛乳頭が毛細血管や神経と結合することにより、ゆっくり成長し毛髪が生え揃っていきます。 そのため自毛植毛で一度植毛した毛が生着すれば再び自分の毛髪となるため、抜け落ちても毛髪サイクルにより、半永久的に自分の毛髪が生え続けます。

自毛植毛が望ましい薄毛の症状と原因

自毛植毛は、ドナーとなる毛髪が残っている方であれば性別・年齢にかかわらず、有効な治療です。自毛植毛の治療を受診される患者さまの中で、一番多い症状は「男性型脱毛症(AGA)」の方です。男性型脱毛症(AGA)を例に症状と原因を解説します。

AGAの症状

AGAの症状は主に「頭頂部から薄くなる症状」「額の生え際が後退していく症状」「こめかみ付近からM字に薄くなる症状」の3パターンに分類されます。

AGAの特徴は前頭部・側頭部・頭頂部を中心に毛髪が細くなり薄毛の症状が進行していきます。AGA症状は進行性。治療を始めなければ止めることはできません。

まとめ

紫外線対策がいかに重要かということが分かったと思います。 自毛植毛を検討している方は愛知県名古屋市の親和クリニック名古屋院などの植毛専門クリニックにご相談下さい。

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました