自毛植毛手術に最適な季節はある?

植毛

自毛植毛を行うために適した時期・季節についてです。基本的には自毛植毛の効果は季節による影響を受けません。結論特にないといえるでしょう。この部分について、私が植毛手術を受けた愛知県名古屋市にある植毛クリニックの医師から伺った話しをもとに説明します。 夏の暑い時期の発汗や、冬の寒さ、乾燥などによって発毛効果が低下したという報告はこれまでにありません。一年中いつ自毛植毛を行っても効果は同じように発揮されます。 ただ、季節によって注意点はあります。自毛植毛後の一時的な脱毛が発生するときは紫外線による影響などを受けやすい状態。少しですが注意が必要です。 紫外線にあたると直ちに問題が発生するというわけではありません。しかし細胞へのダメージは大きくなりますので、日差しの強い日には帽子を被るなど、紫外線に対する防護策を十分に考える必要があります。 基本的な考え方としては、自毛植毛はやろうと決めたらなるべく早く、すぐにでも受けて頂く方が良いのです。  

自毛植毛が早いほうが良い理由

自毛植毛は早めに行った方が良い理由は、自毛植毛を考えている方の多くは心理的にストレスがかかっている状態。後回しにしているうちに、より大きなストレスになります。AGAの進行といった形で、状態が悪化してしまう場合もあります。 前述の通り紫外線のダメージは頭皮にとってとても悪影響です。薄毛の状態は実は紫外線ダメージを受けやすい状態になっているため、時期を延ばすとそれだけダメージの蓄積が大きくなります。自毛植毛の効果も薄れてしまう事があります。 自毛植毛が気になる方は時期をあまりおかず、まずはメールで相談したり、無料カウンセリングを受けてみましょう。専門家や医師のアドバイスを聞くことで、ストレスの軽減や最適な治療計画などを考えるようにすると良いです。

イベントに合わせて植毛

自毛植毛は手術後すぐに髪が生えている状態となるわけではありません。移植したドナーは一度抜け落ちます。その後再び生えてくるのです。 その後、毛周期に合わせ、髪の毛は1カ月に1センチ程度伸びてきます。ある程度の長さ・密度で生えてくるには自毛植毛の手術を受けてから、だいたい8~10カ月程度かかると言われています。 入学、就職などの転機やお祝いごと、お子さんやお孫さんのさまざまな行事ごとなどがある場合はそこから逆算しましょう。少なくともいつ頃までに手術行う必要があるかを考えると、希望通りの形で自毛植毛を受ける事が出来るのではないでしょうか。

自毛植毛のメリット、デメリット

一度移植した頭髪は普通の髪の毛と同じく、時期が来れば抜けますが、また同じように生えてきます。 メンテナンス費用や、再度施術を行うための手間がなくなり、一度施術をするだけで半永久的に髪が生えてくる状態を取り戻せます。皮膚科学会の男性型脱毛症ガイドラインにおいても患者にすすめることができる改善方法として認められています。 デメリットは、施術の初期費用が人工の髪の毛を増やす場合やカツラを用いる場合に比べて高いという費用の問題が挙げられます。低く見積もっても100万円前後のお金が必要です。 しかしその分継続して手術を行う必要はなく、メンテナンスにかかる費用も抑えられます。自然な自分の髪なので、カツラのようにいつも同じヘアスタイルになってしまうことも防げます。髪の毛の定着までに約10カ月かかるので、すぐに希望の髪型にならない点もデメリットですが、こちらも考え方次第です。  

まとめ

季節のイメージでいえば、夏は湿気などで蒸れるし、冬は乾燥しがちなので頭皮に良くないのではと、思ってしまう方が大勢いると聞いています。 しかし実際には髪の毛の定着率にこれら季節の要因は関係ないのです。愛知県名古屋市にある親和クリニック名古屋院などでは、植毛に関する些細な疑問も相談できますよ。

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

投稿者プロフィール

名古屋 三郎
名古屋 三郎
メディアに勤める40歳代。
大の名古屋グランパスエイトファン。
伝説のプレーを見て以来、ピクシーは神様。
その他、プレミア、リーガ、セリエ、ブンデスリーグも大好き。
タイトルとURLをコピーしました