AGA(男性型脱毛症)を考えてみた

植毛

 いまさらですが、先日、AGA(男性型脱毛症)ってどんなものだろうと考えてみました。 色々調べていると次々に新しい事実や発見に触れて、すぐにわかったような気になるのです。

 しかし、記憶力のキャパシティの限界か、単純にボケがはじまってしまったからなのか、覚えたはずの知識がどんどん不確かになってしまっています。記憶は、おさらいすると定着率があがる、忘却曲線が緩やかになるそうです。そこで、おさらいを兼ねて基本の部分をレポートします。  

AGAとは?  

 AGAとは、男性型脱毛症(androgenetic alopecia、androgenic alopecia、alopecia androgenitica)の略称です。 思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことで、男性ホルモン型脱毛症とも呼ばれています。 AGAの典型的な進行は、こめかみの上から始まり、生え際の後退、頭頂部の薄毛といった経過をたどります。  

 AGAは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、Ⅱ型5αリダクターゼという酵素の働きによってジヒドロテストステロン(DHT)に変化することで発生します。 DHTは、毛乳頭細胞という毛を作る細胞にあるアンドロゲンレセプター(受容体)に結合します。

 ジヒドロテストステロンが結合したアンドロゲンレセプターが毛母細胞の増殖を抑制することで、毛髪が成長できなくなってしまうのです。

 アンドロゲンレセプターの分布は、同じ人の頭部でも偏りがあります。 このため、男性ホルモンに対する感受性が、頭頂部や額とそれ以外の部分(後頭部や側頭部など)では大きく異なります。 頭頂部と額にはアンドロゲンレセプターが多く存在します。

 一方で、側頭部や後頭部などの毛乳頭細胞にはアンドロゲンレセプターがほぼ存在しないので、ジヒドロテストステロンが結合できません。 このことから、AGAによる脱毛症状は頭頂部と額の生え際を中心に現れるのです。 年配の薄毛の方を観察すると薄毛の方でもほとんどの方は、横や後頭部の髪は残っているものです。これは上記のアンドロゲンレセプターの分布の影響と言えます。

   遺伝的要素が強いAGA

    発症に関しましては、両親から受け継いだ種々の遺伝子がAGAに関与していると考えられています。 男性ホルモン受容体遺伝子の遺伝的多型は脱毛に関連しており、これはX染色体上にあります。X染色体は雌から受け継ぐ(雄はXY型かXO型)ため、人間では母方の祖父や祖母から遺伝することになるのです。 もちろんX染色体のみではなく、疾患関連遺伝子により父方の脱毛が息子の脱毛に関連することもあります。

 AGAの発症には、遺伝と男性ホルモンが関与しており、一般的には家族性に現れる傾向があると見られています。 男性ホルモンは年齢と共に緩やかに減少しますが、男性ホルモンが分泌されている間はAGAの症状が進行します。  

 以前、私が親和クリニック名古屋院で自毛植毛手術を受けるまえ、無料カウンセリングで医師に相談した際に言われた言葉が「AGAですね」でした。 つまり、私の髪が薄い、というか、ハゲだったのは、遺伝子的に決められていたということです。  

 AGAの場合、服薬により進行を遅くすることはできても、完璧に食い止めることは不可能です。 ここで開き直るのであれば、そのままハゲ街道を邁進すればいいだけのこと。

 しかし、私のようにハゲを受け入れることを拒んだ人間にも、現在は抗う方法を用意してくれています。それが、自毛植毛手術なのです。

 自毛植毛手術では、AGAの影響が少ない側頭部から後頭部にかけての毛根(株)を前頭部や頭頂部へ移植します。移植された髪は、移植する前の性質を受け継ぐ特徴があります。つまり、AGAの影響が少ない髪は、頭頂部に移植してもその性質を受け継ぐので、前述のアンドロゲンの影響を受けて、抜けてしまうことがないのです。

 また、自毛植毛手術は、その名のとおり自前で賄うので、移植後の拒絶反応はほとんどなく、植えられた髪はAGAに関係なく毛髪を成長させ続けるのです。  

 フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルなどの医薬品。その他の漢方由来と思われる対処関連品。 カツラやウィッグに加え結ぶタイプの増毛法などなど、現在では様々な薄毛対策法が用意されてはいます。

 しかし根本的な要因から対処する手だてとしては、やはり自毛植毛手術だと言えるではないでしょうか。

 

参考)『薄毛革命「自毛主義」のすすめ』(幻冬舎:音田正光著)

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました