自毛植毛で白髪は減らせる?

植毛

白髪で悩んでいる中高年の方は大勢います。実際、植毛で白髪を減らすことはできるのでしょうか。

私が植毛手術を検討していたとき、愛知県名古屋市の植毛クリニックの医師から詳しく聞く事ができましたので、白髪が生まれる仕組みからまずはお話します。

 

まず毛髪に色を与えているのは「メラニン色素」。 そしてこのメラニン色素を生成しているのが「メラノサイト」です。これは毛母細胞の周りにある色素生成細胞のこと。このメラノサイトがメラニン色素を生成しているのですが、生成するためには、「チロシナーゼ」という酵素が必要です。

白髪になる主な原因は2つ。1つは「チロシナーゼ」の減少、 もう1つは「メラノサイト」が減少するというものになります。 2つが減少する原因は、加齢やストレス・食生活の変化などと一般的には言われていますが、実はまだ完全には明らかにされていません。

白髪ができる仕組み

 

更に詳しく解説します。白髪や黒髪、またブロンドなど、髪に色に違いがあるのは、髪のなかのメラニン色素が影響しています。これは先ほども説明しました。


その量が髪の色を左右するのです。
たとえば、黒髪は黒褐色をしたメラニン色素の量が多く、白髪にはメラニン色素がほとんど含まれていないということです。また実は、毛根で髪が作られた直後にはメラニン色素は含まれていません。

つまり生まれたての髪はすべて白髪らしいのです。髪が成長する過程でどのように色付いていくのか、仕組みは次の通りです。

髪は細胞分裂でできる?

毛根の一番先にある毛乳頭が毛細血管から養分を取り込み、そして周囲の毛母細胞へと供給します。毛母細胞は絶えず分裂を繰り返し、それによって毛髪を作り出すのです。頭皮内でメラニン色素を取り込む毛母細胞の周りには、メラノサイトと呼ばれる色素生成細胞があり、メラニン色素はここで作られています。

作られた直後の白い髪は毛根で成長する過程でメラノサイトからメラニン色素を取り込みます。やがて普段目にする黒髪として頭皮から押し出されるのです。

毛乳頭とは

毛根の底の部分に存在し髪の成長をつかさどる器官。
毛細血管から養分を取り込み、髪となる毛母細胞へと送り出しています。ヘアサイクルの成長期、休止期、退行期のそれぞれの段階において、必要な指令を毛母細胞に送ってコントロールしています。
毛乳頭がある限り、髪は何度でも生え変わります。
発毛に必要不可欠な器官と言えるでしょう。

毛母細胞について

 

髪の毛となって成長していく細胞。細胞分裂を繰り返し、髪を形成・成長していきます。

メラノサイトがメラニン色素を作るには、チロシナーゼという酵素の働きを必要とするというのは説明しました。チロシナーゼが加齢等によって減少すると、メラノサイトの機能が低下し、色が付かないままの髪が頭皮から生えてきます。これが白髪の正体なのです。
また、メラノサイト自体が何らかの原因でなくなってしまう場合も白髪になります。

そして繰り返しになりますがメラノサイトの消失やチロシナーゼの減少がなぜ起こるのか。まだ解明されていません。加齢や遺伝のほか、ストレスや食生活の乱れなどが影響するとも言われています。

白髪でも黒髪でも植毛は可能

自毛植毛は移植元のドナーの性質を引き継ぎます。前述したような原因で生まれた白髪を移植すれば、移植先でも白髪のまま定着。黒髪を増やしたい場合には、黒髪を移植すれば白髪を減らすことが可能です。

白髪が自然に黒髪に戻ることはありません。白髪を黒髪が生えていたであろう部分に移植しても黒髪にはならず、白髪として生え続けるのです。 白髪だからといって生着率に悪影響は特にないのですが、白髪を治したいと言って植毛を受ける方はほぼいないらしいのです。

しかし私が自毛植毛した愛知県名古屋市の親和クリニック名古屋院では医師やカウンセラーが親切に相談に乗ってくれると思います。

 

 

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました