手軽さが魅力の育毛剤

植毛

ドラッグストアはもとより大型ディスカウントストアやホームセンターなどでも見かけることが珍しくなくなった育毛剤。これは、名前が示すとおり「毛を育てる」役割をするものです。 無くなった毛を生やすのではなく、いま生えている頭髪を育てる手助けをする製品のことです。

そのため、毛が抜けてしまった毛根から「発毛」させる、つまり毛を生やす効果が認められるわけではないのです。 今売られている育毛剤は、ほぼすべてが医薬部外品です。これは、予防効果を謳ったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたしたりできる成分が含まれます。
小売販売においては、医薬品と異なり、店舗の許認可はありません。 薬剤師や登録販売者がいないような店舗でも販売しているということです。
ということは、医薬品として認められている有効成分ミノキシジルは配合されていない外用剤ということです。

その代わり、天然由来の「育毛が期待できる成分」をいろいろ配合している商品が多いようです。

参考:一般用医薬品のリスク区分 – 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000050568.pdf

発毛効果を明言したら違法

いまのところ、厚生労働省が壮年性脱毛症の毛髪用剤として正式に発毛効果を認めた医薬成分である「ミノキシジル」を配合した薬であれば「発毛剤」の名称を使用することができ、それ以外は別の分類であります。
そのため、発毛剤以外の育毛剤類の製品では、「毛が生えてくる!」と明言してはいけないのです。 頭髪も、生命のある人体の一部ですので、アミノ酸やたんぱく質といった栄養を行きわたらせたり、健康な状態を維持しておくことが望ましいことです。 育毛剤とは、毛髪を生やすための薬ではなく、使用することでいま生えている毛を太く、そしてコシが出るように丈夫に育て、抜けにくくする効果を期待するものなのです。

薄毛に悩んでいる人にとっては、これはこれで効果があると言えます。薄毛とは、抜け毛の多さはもちろんですが、既存の毛髪が細く、加えてコシがなく、弱くなってしまっている状態でもあります。 その頭髪を強く育てることで、頭髪全体をボリュームアップさせることができれば、地肌が見える割合が少なくなり、薄毛が気にならなくなるといった効果もあります

。 発毛剤は医薬品である以上、少なからず副作用というリスクが存在します。 しかし、医薬部外品ではそのリスクを少ないのが利点でもあります。人によっては医薬部外品でも副作用的な症状が皆無ではないので、その点は注意が必要です。
また、育毛剤は、頭皮環境を改善させる効果を謳っているものも存在します。 毛細血管の血行不良や頭皮の荒れ、分泌される皮脂のバランス不良など、問題を抱えている頭皮では、頭髪の健康を維持することは困難です。頭皮ケアは、頭髪を育てるうえで欠かせない行為です。極的に行いたいものです。

育毛剤ではなく、発毛促進剤という名称の商品もありますが、いずれも毛を生やす効果が厚生労働省から正式に認められているものではありません。これも育毛剤と同じカテゴリーであると言えます。

「発毛を促進する(効果があるかもしれない薬)剤」と考えておくのが妥当です。

まとめ

育毛剤も発毛剤も使用するに当たっては、双方ともにメリット・デメリットがあります。
自分の薄毛具合、頭皮の状態、もちろん身体の健康具合やフトコロ具合などを考慮しつつ、最適な商品を選んでもらいたいものです。

ただ、発毛剤であれ育毛剤であれ、ハゲ部分が拡大してしまっている進行しすぎたAGA(男性型脱毛症)には、専門家ではないので明言はできませんが望み薄でしょう。
そのような場合は、自毛植毛手術のような外科的な治療も検討した方が、薄毛の悩みを改善できる可能性が高くなります。
名駅の近くにある親和クリニック名古屋院のような専門のクリニックでのカウンセリングをおすすめします。無料ですし、いまはオンライン診療も行われています。 AGA由来の脱毛症状に悩まされているのであれば、是非とも相談してみてください。  

 親和クリニックの公式サイトはこちら

投稿者プロフィール

名古屋 三郎
名古屋 三郎
メディアに勤める40歳代。
大の名古屋グランパスエイトファン。
伝説のプレーを見て以来、ピクシーは神様。
その他、プレミア、リーガ、セリエ、ブンデスリーグも大好き。
タイトルとURLをコピーしました