薄毛は遺伝する?

植毛

なぜ薄毛が引き起こされたのかという原因を知ることは大切です。 原因がしっかりと究明できれば対策もたてやすいはずです。 ところで、薄毛が遺伝している可能性があるということをご存じでしょうか?


遺伝により薄毛が引き起こされるメカニズムについて、愛知県名古屋市の植毛クリニックの医師等に聞いた知識をご紹介していきます。

遺伝による薄毛

男性は母親の遺伝子を濃く受け継ぐ可能性が高い特徴があります。 薄毛の原因は人によって様々であるため、必ずしも遺伝だけが影響しているわけではありませんが、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる脱毛症の原因も遺伝子に深くかかわっていることがわかっています。

男性型脱毛症は男性の薄毛の症状でもっとも多いといわれており、全国に1000万人以上の患者がいるといわれています。 男性型脱毛症の特徴は、思春期以降の成人男性に多く引き起こされ、髪の生え際や頭のてっぺん部分の毛髪が徐々に失われ、薄毛になっていく点です。 生え際と頭頂部のどちらも同時に進行するパターンや、どちらか一方だけが進行したりといった様々なパターンに分類できます。

薄毛を引き起こすホルモン

男性ホルモンの「テストステロン」が、酵素の影響を受けて変異した物質を「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼びます。 DHTは、薄毛を進行させるだけでなく体毛を増加させたり前立腺を肥大させることがわかっています。

DHTの元となるテストステロンの分泌をおさえることができれば薄毛が拡大しないと思ってしまいがちですが、男性が健康的に生きていくために男性ホルモンは欠かせないものです。 テストステロンを変異させてしまう酵素の量は体質や遺伝に関係するといわれています。

なぜ母親から遺伝する?

性別を定義するものは性染色体であり、女性はXX、男性はXYで表されます。通常、遺伝子は父親、母親からそれぞれ1つずつ受け継がれます。 男性の場合、母親からX染色体を、父親からY染色体を受け継ぐことでしか生まれません。

薄毛の原因となる遺伝子は、X染色体にあるため、薄毛は母親から遺伝すると考えられるのはそのためです。 女性ホルモンの影響により、薄毛遺伝子を持っていたとしても、女性は男性に比べて薄毛の症状が出にくいといわれています。 そのため、母親が薄毛ではないから大丈夫と安心はできません。母方の祖父が薄毛なら、薄毛の遺伝子を受け継いでいる可能性はかなり高いといえます。一世代飛び越えて発現するために「隔世遺伝」と呼びます。

薄毛になるかは環境も大事

しかし「遺伝だから……」とあきらめろというわけでもありません。 テストステロンを変異させる酵素をおさえることができれば、薄毛の進行を遅らせることが可能と言われています。

放置してしまえば、自然に改善することはないでしょう。 男性型脱毛症の専門医を受診したり、頭皮の環境を整えることをおすすめします。

自毛植毛の効果

ちなみに自毛植毛で移植した髪は半永久的に生え変わるといいますが、AGAなどの薄毛の進行で抜けてしまわないのか?と不安に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?、どうぞご安心ください。AGAはそのメカニズムにより、後頭部や側頭部の髪は禿げにくいとされています。

 

自毛植毛は、その後頭部・側頭部から移植毛を採取します。それらの髪は、移植後も「AGAの影響を受けにくい性質」を引き継ぐため、AGAやFAGAによる薄毛が進行しても禿げにくいのです。また、既に薄毛が進行してしまったり、もともと生えていないなどの「髪がない」部分にも移植できることも自毛植毛の魅力です。

まとめ

AGAの可能性があり、自毛植毛を検討している方は愛知県名古屋市の親和クリニック名古屋院などの植毛専門クリニックにご相談下さい。

 

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

投稿者プロフィール

名古屋 三郎
名古屋 三郎
メディアに勤める40歳代。
大の名古屋グランパスエイトファン。
伝説のプレーを見て以来、ピクシーは神様。
その他、プレミア、リーガ、セリエ、ブンデスリーグも大好き。
タイトルとURLをコピーしました