髪の寿命について

植毛

薄毛対策について思案している人の中には、自毛植毛を選択肢のひとつと考える人は少なくありません。しかし、自毛植毛した毛が長持ちするのか不安にもなります。


薄毛対策を考えるなら、自毛植毛について知識を深めておくことは重要です。
自毛植毛にはどのような種類があるのでしょうか?
自毛植毛の種類別の特徴や寿命について、愛知県名古屋市の植毛クリニックの医師等に聞いた知識をご紹介していきます。

自毛植毛とは

薄毛対策を試しても効果が表れない、もしくは育毛や発毛のためにさまざまな方法を試し続けることに限界を感じたとき、植毛を視野に入れることも1つの方法です。

植毛は手術によって頭皮に毛髪を埋め込む行為です。
日本で行われている植毛には人工毛植毛と自毛植毛の二種類があり、それぞれ特徴や寿命に違いがあります。
入院が必要なのではと考える人もいるかもしれませんが、手術にかかる時間は半日程度で、ほとんどの場合は日帰りすることが可能なのです。

人工毛植毛の特徴

人工毛植毛は、その名のとおり人工的に作られた毛髪を頭皮に埋め込むことです。
素材には、ナイロン、シリコン、合成繊維などが使用されています。人工的な毛髪は人体にとっては異物。実際の毛髪のように髪が伸びたり成長することはありません。もちろん、一度切ってしまえば生えてくることもありません。

植毛後は年に数回のメンテナンスが必要となりメンテナンスのたびに費用がかかります。植毛した人工毛の寿命は、大体1~2年程度です。

人工物であるがゆえに、人によっては異物を埋め込まれたことによって免疫機能がはたらき強い拒絶反応が起こる可能性があります。

施術後に炎症が出ないように免疫抑制剤が処方されることがありますが、免疫抑制剤によって副作用が起こるリスクもゼロではないのです。

自毛植毛の特徴

自毛植毛は、後頭部や側頭部の毛根を薄毛となった部分に移植する手術です。毛髪だけを切除して埋め込むわけではなく、毛髪が生えてくる組織ごと移植します。


自毛植毛は、手術後に埋め込んだ毛髪が自前の毛髪として抜け落ちたり生え変わったりという成長のサイクルを繰り返す点が大きな特徴。手術直後は定着しなかった毛髪が一時的に抜け落ちますが、その後は自前の頭髪として、半永久的に根付いて成長を続けます。

人工毛植毛の場合は、理髪店に行く場合には人工植毛であることを告げて植毛した人工部分と周囲の毛を調整してもらう必要がありますが、自毛植毛の場合は自前の毛ですから特別な調整の必要はありません。自分の毛であるため拒絶反応がほとんど起こらないという点も魅力的です。

手術にかかる時間は大体5時間程度。手術後は移植するために切り取った頭皮部分を保護したり、2~3日は安静にしておく必要があります。

AGA(男性型脱毛症)の原因

改めてAGAの原因についてご説明します。

AGAのメカニズムを説明すると、毛乳頭の中にある酵素「5αリダクターゼⅡ型」と毛細血管の血中にある男性ホルモンの一種である「テストステロン」が結合することにより、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成。

さらに生成されたDHTが毛乳頭の「男性ホルモンレセプター(受容体)」と結合すると、遺伝子に作用し、発毛を抑制する遺伝子「TGF-β1」が生成されます。

このTGF-β1が、毛乳頭に作用することによりヘアサイクルを乱します。

TGF-β1が作用すると成長期が正常時より短くなり、毛髪が十分に成長する前に抜けてしまいます。

まとめ

AGAなどにより、自毛植毛を検討している方は愛知県名古屋市の親和クリニック名古屋院などの植毛専門クリニックにご相談下さい。

まずはお電話などでお問い合わせしてみましょう。

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

投稿者プロフィール

名古屋 三郎
名古屋 三郎
メディアに勤める40歳代。
大の名古屋グランパスエイトファン。
伝説のプレーを見て以来、ピクシーは神様。
その他、プレミア、リーガ、セリエ、ブンデスリーグも大好き。
タイトルとURLをコピーしました