頭皮湿疹について

植毛
 

もう年だからしょうがない、AGA(男性型脱毛症)なのかなどと考える人が薄毛で悩んでいる人は多いですが、その薄毛の原因は『頭皮湿疹』かもしれません。

今回は、愛知県名古屋市の植毛クリニックの医師らから聞いた、薄毛の原因にもなる頭皮湿疹の種類についてご紹介していきます。

皮脂欠乏症皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎とは逆に皮脂が足りず、頭皮が乾燥して湿疹がでる皮膚炎です。

湿度が低くなり乾燥する冬期間に発症すると、乾燥肌と勘違いするかもしれません。 皮脂欠乏症皮膚炎(乾皮症)の症状は、乾燥したフケが増える、白い粉をふく、頭皮がガサガサする、ひび割れる、かゆみ、痛みが出るなどの症状があります。

皮脂欠乏症皮膚炎は、乾燥や皮脂の不足により細菌が増えることが原因です。皮脂が不足する原因の1つは、シャンプーのし過ぎや洗浄力が強すぎることが考えられます。

皮脂欠乏症皮膚炎の対策は、シャンプーをやり過ぎず洗浄力の強いシャンプーを避けることです。

皮脂を落とし過ぎないこと、頭皮を乾燥させ過ぎないことに注意しましょう。

脂漏性皮膚炎とは

脂漏性(しろうせい)という漢字から分かるように、皮脂が多く分泌されることで、皮脂を養分とする真カビ菌「マラセチア」が発生して起こる皮膚炎です。

症状は、かゆみ、赤くなるなどが見られます。皮脂が多いことと矛盾するように思えますが、フケが増えたりカサブタができたりすることもあります。 脂漏性皮膚炎の原因は、皮脂やマラセチア菌を減らそうとしてシャンプーを過剰に行って、かえって皮脂の分泌を増やすことが1つです。

また、ビタミンB群の不足、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどで皮脂が増えることも原因と言えます。

脂漏性皮膚炎の対策は、洗浄力や刺激の強いシャンプーの使用をやめて、すすぎをしっかりと行うことです。また、入浴後に頭皮を適度に乾かし、バスタオル、枕カバー、帽子なども清潔に保っておきましょう。

接触性皮膚炎とは

接触性皮膚炎も名前から分かるように、何かに接触することで引き起こされる皮膚炎です。いわゆる「かぶれる」ことでできる湿疹で、漆や金属でかぶれるような、刺激性、アレルギー性の皮膚炎です。

接触性皮膚炎は、赤いブツブツが出る、皮膚が腫れる、水ぶくれができるなどの症状が現れます。かゆみがあり、ひどい場合は痛みも出てきます。

接触性皮膚炎の原因は、シャンプーやリンス、整髪料、育毛剤などに含まれている成分が頭皮に合わない、金属、植物、虫、ペットの毛などのアレルギーなどが考えられます。

接触性皮膚炎の対策は、原因となる物に接触しないことです。

その物質が何かを特定するには、新しく使い始めた物が何かということから判断することもできます。しかし、それだけでは不安だという方は皮膚科などで検査しましょう。

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の症状は、赤いブツブツ、皮膚が腫れる、乾燥、フケ、かさぶた、白い粉をふく、かゆみ、ただれなどです。

アトピー性皮膚炎は、現代病とも言われている皮膚炎です。頭皮湿疹がアトピー性皮膚炎である場合もあります。

アトピー性皮膚炎の原因はさまざまなことが挙げられていて、ハウスダスト、アレルギー、生活習慣、遺伝など、特定は難しいことが多いです。

 

まとめ

頭皮湿疹には4つの種類があり、まずは自分がどれなのかを知ることが大切です。アトピー性皮膚炎の対策についても、原因の特定が難しいことから対策も立てにくいため、医師などの専門家に診察してもらうようにしてください。

自毛植毛を検討している方は愛知県名古屋市の親和クリニック名古屋院などの植毛専門クリニックにご相談下さい。

まずはお電話などでお問い合わせしてみることをおすすめします。

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

投稿者プロフィール

名古屋 三郎
名古屋 三郎
メディアに勤める40歳代。
大の名古屋グランパスエイトファン。
伝説のプレーを見て以来、ピクシーは神様。
その他、プレミア、リーガ、セリエ、ブンデスリーグも大好き。
タイトルとURLをコピーしました