薄毛の原因とは

植毛
薄毛はさまざまな原因によって引き起こされる状態です。どの原因が関係しているのかが分からなければ適切な対処はできません。薄毛対策をしていくためには、薄毛の原因についての正しい知識を知っておく必要があります。
今回は愛知県名古屋市の植毛クリニックの医師から聞いた知識を紹介。薄毛の4大原因を中心に、薄毛の原因に関する役に立つ情報をご紹介致します。

薄毛の4大原因とは

ホルモンの変質

薄毛は遺伝するとよくいわれています。これは「薄毛になりやすい体質が遺伝する」という意味で、薄毛そのものが遺伝するわけではないのです。 特に遺伝という意味で大きな影響を与えているのが男性ホルモンの一種であるテストステロン。 テストステロンは毛乳頭などに潜んでいる「5αリダクターゼ」という因子と結びつくことによって「ジヒドロテストステロン」というホルモンに変質します。
 
この変質したジヒドロテストステロンが発毛を阻害するのですが、男性の中には「テストステロンが変質しやすい体質の人」と「そうでない体質の人」がいます。

つまり「変質しやすい人からは変質しやすい人が生まれやすい」という意味で「薄毛は遺伝する」と言われているのです。

血行の不良

毛母細胞は、毛細血管の中に流れている血液から栄養分を摂取しています。血管が縮んだり血流が悪くなったりして毛母細胞に栄養分が行き渡らなくなると、健康な頭皮や髪を維持できなくなり、抜け毛や薄毛の原因となってしまうのです。

皮脂の過剰分泌

頭皮も汗をかき、皮脂を分泌しています。 その皮脂は体を守ってくれるバリアのような作用をしているのですが、皮脂が過剰に分泌されると毛根に詰まって髪の毛の成長を邪魔してしまうため、薄毛の原因となってしまいます。

皮脂が酸化して毛根の細胞を弱らせてしまうことでも、同じように薄毛を引き起こしてしまいます。

ストレス

ストレスは自律神経に悪影響を及ぼして血行不良を引き起こします。加えてその人を睡眠不足にもさせてしまいます。 髪の生成は睡眠中に最も活発になるため、健康な髪を維持するためには質の良い睡眠が必要不可欠です。 極度の心因ストレスになると「円形脱毛症」や全身に及ぶ異常脱毛になってしまうこともあります。

薄毛の原因のウソ、ホント

薄毛にはその原因に関するさまざまな説があります。それらの説がウソなのか本当なのかを見極めるには、先ほど紹介した薄毛の原因についての知識が役に立つことかと思います。 

お酒を飲み過ぎると薄毛になる

実はこれは本当です。

適度な量のアルコールは血管を拡張させ、頭皮の血流を良くしますが、飲み過ぎると逆に毛細血管を収縮させて栄養分を運べなくさせてしまうのです。

「タバコは薄毛の原因になる」?

本当です。

ニコチンは毛細血管を収縮させて栄養分を運べなくしてしまいます。

「白髪の人は薄毛にならない」?

これは嘘です。

白髪は色素細胞の力が無くなることで起こる現象。薄毛とは関係がありません。

「シャンプーのし過ぎはよくない」?

これは本当です。

シャンプーで皮脂を落とし過ぎると頭皮が乾燥した状態になってしまいます。毛母細胞に悪影響を与えて薄毛の原因になってしまうのです。

「ダイエットは薄毛の原因になる」?

条件付きですがこれも本当です。

食事制限によるダイエットをすると栄養不足の状態になってしまうため、ヘアサイクルなどに悪影響を及ぼします。過度なダイエットは控えましょう。

まとめ

薄毛の原因について紹介しました。 もし今回の記事を読んで薄毛にならないか心配になってしまったという方は、私も施術を受けた愛知県名古屋市の親和クリニック名古屋院に電話し、カウンセリングを受けてみましょう。

 

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました