眉毛にも植毛できる?

植毛
眉毛の形、長さは顔の印象に大きな影響を与えます。 眉毛専用育毛剤もありますが、毛穴そのものがなくなってしまうと効果がありません。 近年眉毛への植毛治療を希望される方が増えています。 愛知県名古屋市で自毛植毛も眉毛植毛も行っているクリニックの医師などから聞いた話をご紹介します。

眉毛植毛を行うクリニックは少ない

眉毛は女性の場合、化粧でアイラインを描くことで自在に調整することができますが、男性の場合はアイラインなどで付け足すことに抵抗を感じる方が多くいます。そのまま放置されていることも多いのです。 外側の眉毛が薄くなったり、毛抜きの使いすぎで全体的に毛量が減ってしまうなどのケースも見られます。 眉毛への自毛植毛は非常に高度な技術。まだ日本では実施しているクリニックはそれほど多くないとのことです。

眉毛植毛のメリット

印象が大きく変わる

眉毛が見た目の印象に与える影響は思った以上に大きいものです。 メイクで描かれた平面的な眉毛とは違い、自然に生えた立体的な眉毛は、自分の毛で作られた理想の形の眉毛。表情が豊かになり、コンプレックスが解消されて自信が持てるようになります。

値段が安い

植毛手術といえば高額な費用が必要となります。移植に必要なドナー数が費用の大きさを決めるためです。通常1000~2000株ほど必要な頭部の植毛に対し、眉毛の植毛は10~100株程度で済みます。 そのため、眉毛植毛は費用も安く、手術時間も1~2時間で済みます。

手入れが無くなる

自分の毛が永久的に生えてくるので、毎日メイクで眉毛を手入れをする必要がなくなります。スッピンの状態でも、自然で理想の濃さと形をした眉毛を手に入れることができます。

眉毛植毛のデメリット

  • 移植する毛髪はもともとの眉毛と性質が違うので、若干太めの毛になる
  • もともとの眉毛より伸びが早い。1か月で約1センチ程度のペースで伸びる
  • 若干のくせ毛になる事も
これらの対応策としては、正しいドナーの選別、手入れの回数を増やす、1年ほど様子を見るといったことで解決することができます。 太さの違いは、眉毛に合わせたドナーを正しく選ぶことで解決。 主に後頭部の毛髪がドナーとなる眉毛植毛。眉毛の毛質は患者さまそれぞれで異なるので、場合によっては側頭部の耳の後ろの毛髪などを使用し太さを合わせるよう調整します。 伸びが早くなるという点ですが、こちらはカットなどの手入れの頻度を上げることが解決策となります。 くせ毛は、眉毛に限らず頭部に移植した場合も起こる可能性があります。 移植時に毛根を植え付ける深さが深すぎたり、植え付け時の角度が付きすぎると、若干の毛穴のゆがみが発生するため、伸びる毛髪がカールすることも。しかし、毛髪の成長とともに毛穴のゆがみも正常に戻るので、様子を見れば自然に元通りとなります。 数ヵ月から長くて1年は様子を見ましょう。

眉毛植毛の株数について

眉毛植毛は頭髪を使います。必要な株数は、100株程度かそれ以下。100株以下であれば1~2時間で施術は終了します。

まとめ

眉毛に移植するドナーは毛髪の中でも比較的眉毛に近い細い毛質のものを選び、1本1本自然な毛の流れを作りながら丁寧に移植すると、より自然でキレイな仕上がりとなるようです。過去の縫合時に発生した傷跡への植毛も可能です。 施術では皮膚の切除・縫合などは一切行わないため採取した部位も目立たず自然な形で手術を行うことが可能です。 術後は移植部位に目立たないガーゼを貼ってそのまま帰れます。 眉毛の植毛は自然で美しいデザインがとても大切とのこと。私が自毛植毛を行った親和クリニック名古屋院のように経験ある担当医としっかり事前の打合せを行った上で治療を受けましょう。

 

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました